教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】ラベルの背景色を設定する方法を教えて!

構文

構文は以下の通りです。

ラベル名.BackColor = ColorValue

解説

ラベル名は、対象となるラベルの名前を指定します。ColorValueは、背景色に設定したい色を表す定数値またはRGB値を指定します。ColorValueには以下のような方法で指定できます。
●カラー定数値:VBAにはいくつかのプリセットカラーが用意されています。例えば、vbRed(赤色)、vbGreen(緑色)、vbBlue(青色)などがあります。
●RGB値:赤(R)、緑(G)、青(B)の値を組み合わせて背景色を指定します。例えば、RGB(255, 0, 0)は赤色、RGB(0, 255, 0)は緑色、RGB(0, 0, 255)は青色です。それぞれの値は0から255の範囲で指定します。

使い方

具体的な使い方を紹介します。

Private Sub UserForm_Initialize()
    ' ラベルのBackColorを赤色に設定
    Label1.BackColor = vbRed ' 適宜必要な背景色に変更する
End Sub

プログラミング例

以下に、プログラミング例を紹介します。

Private Sub UserForm_Initialize()
    ' ラベル1のBackColorを赤色に設定
    Label1.BackColor = vbRed
    ' ラベル2のBackColorを緑色に設定
    Label2.BackColor = vbGreen
End Sub

上記の例では、フォーム上に配置した2つのラベルコントロールのBackColorを設定しています。1つ目のラベルの背景色は赤色に、2つ目のラベルの背景色は緑色に設定されます。

まとめ

フォーム内のラベルの背景色を設定するには、BackColorプロパティを使用します。ラベルを配置したフォームの背景色を設定したとき、ラベルの背景色も同じ色に設定すると見栄えが良くなります。是非活用してください。