教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA その他操作】他のアプリケーションを起動する(Shell)にはどうすればいいの?教えて!

f:id:m_kbou:20200418090024p:plain

Excelから他のアプリケーションを起動するにはShell関数を使用します。指定方法について説明します。

 

 

構文

記述方法は以下の通りとなります。

(1)他のアプリケーションを起動する

Shell ”[アプリケーションパス]”,vbNormalFocus

[説明]:

他のアプリケーションを起動するには「Shell ”[アプリケーションパス]”,vbNormalFocus」と記述します。[アプリケーションパス]には起動するアプリケーションのパスを記述します。アプリケーションパスを幾つか以下に纏めておきますので参考にして下さい。vbNormalFocusは「ウィンドウは最新のサイズと位置に復元される。」との意味合いで、起動したアプリケーションのウィンドウ状態を変更する記述となります。内容を纏めると、「[アプリケーションパス]で指定したアプリケーションを起動して下さい。」との意味になります。

●メモ帳
C:\Windows\System32\notepad.exe
●電卓
C:\Windows\System32\calc.exe
●エクスプローラ
C:\Windows\explorer.exe
●Internet Explorer
C:\Program Files\internet explorer\iexplore.exe
●Microsoft Word
C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\WINWORD.EXE
●Microsoft Powerpoint
C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\POWERPNT.EXE
●Microsoft Outlook
C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OUTLOOK.EXE

[記述例]: 

Shell "C:\Windows\System32\notepad.exe", vbNormalFocus
Shell "C:\Windows\calc.exe", vbNormalFocus
Shell "C:\Program Files\internet explorer\iexplore.exe", vbNormalFocus

(2)他のアプリケーションを起動し戻り値を取得する

[変数]= Shell( ”[アプリケーションパス]”,vbNormalFocus)

[説明]:

他のアプリケーションを起動し、起動した結果の戻り値を取得するには「[変数]= Shell( ”[アプリケーションパス]”,vbNormalFocus)」と記述します。[アプリケーションパス]には起動するアプリケーションのパスを記述します。vbNormalFocusは「ウィンドウは最新のサイズと位置に復元される。」との意味合いで、起動したアプリケーションのウィンドウ状態を変更する記述となります。[変数]には[アプリケーションパス]で指定した他のアプリケーション起動結果戻り値をセットします。セットされた戻り値が「0」の場合には他のアプリケーションの起動に失敗した状態となり、「0以外」の場合には正常に起動した状態となります。内容を纏めると、「[アプリケーションパス]で指定したアプリケーションを起動し、起動結果を戻り値としてセットして下さい。」との意味になります。

[記述例]:

戻り値 = Shell("C:\Windows\System32\notepad.exe", vbNormalFocus)

 

使い方

使い方について具体的に説明します。

他のアプリケーションを起動する

他のアプリケーションを起動する方法について説明します。 

[プログラミング例①]:

Sub サンプル()
  Shell "C:\Windows\System32\notepad.exe", vbNormalFocus
End Sub

内容は、「メモ帳を起動して下さい。」との意味になります。

f:id:m_kbou:20210218082718p:plain

※上記のプログラミング例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方についてはこちらを参考にして下さい。

[実行例①]:

①<実行>ボタンには上記のプログラミング例のプログラムが登録されています。<実行>ボタンをクリックします。(※ボタンの作り方やボタンにプログラムを割り当てるにはこちらを参考にして下さい。)

f:id:m_kbou:20210306070400p:plain

②処理結果は以下の様になります。メモ帳が起動します。

f:id:m_kbou:20210306070415p:plain

[サンプル①]:

上記で説明したファイルをダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。

drive.google.com

他のアプリケーションを起動する方法(例①)についての説明は以上です。 

[プログラミング例②]:

Sub サンプル()
  Shell "C:\Windows\System32\calc.exe", vbNormalFocus
End Sub

内容は、「電卓を起動して下さい。」との意味になります。

f:id:m_kbou:20210218082829p:plain

※上記のプログラミング例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方についてはこちらを参考にして下さい。

[実行例②]:

①<実行>ボタンには上記のプログラミング例のプログラムが登録されています。<実行>ボタンをクリックします。(※ボタンの作り方やボタンにプログラムを割り当てるにはこちらを参考にして下さい。)

f:id:m_kbou:20210306070440p:plain

②処理結果は以下の様になります。電卓が起動します。

f:id:m_kbou:20210306070451p:plain

[サンプル②]:

上記で説明したファイルをダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。 

drive.google.com

他のアプリケーションを起動する方法(例②)についての説明は以上です。

[プログラミング例③]:

Sub サンプル()
  Shell "C:\Program Files\internet explorer\iexplore.exe", vbNormalFocus
End Sub

内容は、「IEを起動して下さい。」との意味になります。

f:id:m_kbou:20210218082944p:plain

※上記のプログラミング例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方についてはこちらを参考にして下さい。

[実行例③]:

①<実行>ボタンには上記のプログラミング例のプログラムが登録されています。<実行>ボタンをクリックします。(※ボタンの作り方やボタンにプログラムを割り当てるにはこちらを参考にして下さい。)

f:id:m_kbou:20210306070542p:plain

②処理結果は以下の様になります。IEが起動します。

f:id:m_kbou:20210306070555p:plain

[サンプル③]:

上記で説明したファイルをダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。

drive.google.com

他のアプリケーションを起動する方法(例③)についての説明は以上です。

 

他のアプリケーションを起動し戻り値を取得する

他のアプリケーションを起動して戻り値を取得する方法について説明します。

[プログラミング例]:

Sub サンプル()

  '↓処理①
  Dim 戻り値 As Long

  '↓処理②
  戻り値 = Shell("C:\Windows\System32\notepad.exe", vbNormalFocus)

  If (戻り値 = 0) Then
    MsgBox "エラーがあります。(戻り値:" & 戻り値 & ")", 16, "エラー"
  Else
    MsgBox "正常に起動されました。(戻り値:" & 戻り値 & ")"
  End If

End Sub

処理の流れは以下の通りとなります。

[処理①]:変数定義
Dimによる戻り値を格納する変数定義となります。

[処理②]:Shell関数によるメモ帳の起動
Shell関数でメモ帳を起動させます。起動時の戻り値は[処理①]で定義した変数:戻り値に
「0」又は「0以外」でセットします。セットされた戻り値をIF文で判定し、「0」の場合はMsgBoxで”エラーがあります。”を表示し、「0以外」の場合は”正常に起動されました。”を表示します。(※Shell関数の戻り値は、「0」の場合は他のアプリケーション起動に失敗した値となり、「0以外」の場合は正常に起動した値となります。)

f:id:m_kbou:20210516204959p:plain

※上記のプログラミング例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方についてはこちらを参考にして下さい。

[実行例]:

①<実行>ボタンをクリックします。<実行>ボタンには上記のプログラミング例のプログラムが登録されています。(※ボタンの作り方やボタンにプログラムを割り当てるにはこちらを参考にして下さい。)

f:id:m_kbou:20210306070619p:plain

②メモ帳が開きます。

f:id:m_kbou:20210516205016p:plain

③また、MsgBoxで「正常に起動されました。(戻り値:13536)」が表示されます。

f:id:m_kbou:20210516205033p:plain

[サンプル]:

上記で説明したファイルをダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。

drive.google.com

他のアプリケーションを起動し戻り値を取得する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回は他のアプリケーション起動する方法について説明しました。Excel→メモ帳を起動してデータを転記する場合やExcel→Wordを起動してデータを転記する場合等、他のアプリケーションとの連携は何かと使用します。是非活用してみて下さい。