教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA 関数】CDate関数で文字列を日付型のデータに変換する方法を教えて!

f:id:m_kbou:20200420124301p:plain

文字列を日付型のデータに変換する方法について説明します。変換するにはCDate関数を使用します。

 

 

構文

記述方法は以下の通りとなります。

CDate(”[文字列]”)

[説明]:

CDate関数指定した文字列を日付型データに変換します。[文字列]には日付型データに変換したい文字列を記述し、「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。内容を纏めると、「[文字列]で指定した文字列を日付型データに変換して下さい。」との意味になります。

[記述例]:

CDate("令和2年3月1日")

 

使い方

使い方について具体的に説明していきます。

日付型データに変換できるケース

日付型データに変換できるケースについて説明します。

[プログラミング例]:

Sub サンプル()

    MsgBox CDate("令和2年3月1日")
   
End Sub

「文字列”令和2年3月1日”を日付型データに変換してMsgBoxで表示して下さい。」との意味になります。

 

※上記の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方についてはこちらを参考にして下さい。 

[実行例]:

日付型データに変換された「2020/03/01」が表示されます。

f:id:m_kbou:20200302105201p:plain

[サンプル]:

上記で説明したファイルをダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。

 

文字列を日付型データに変換できるケースについての説明は以上です。

 

日付型データに変換できないケース(エラーとなるケース)

日付型データに変換できないケースについて説明します。

[プログラミング例]:

Sub サンプル()

    MsgBox CDate("令和2")
   
End Sub

「文字列”令和2年”を日付型データに変換してMsgBoxで表示して下さい。」との意味になります。

 

※上記の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方についてはこちらを参考にして下さい。 

[実行例]:

和暦だけの様な文字列は日付型データに変換できないため、エラーメッセージが表示されます。

f:id:m_kbou:20200302105955p:plain

[サンプル]:

上記で説明したファイルをダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。

 

文字列を日付型データに変換できないケースについての説明は以上です。

 

プログラミング(サンプル)

プログラミング事例を紹介します。

 

おわりに

今回はCDate関数を使用した文字列を日付型データに変換する方法について説明しました。日付型データに変換する事で日付の計算も可能になります。是非活用してみて下さい。