教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA 基本操作】MsgBox(メッセージボックス)の使い方(表示方法)について教えて!

       f:id:m_kbou:20200418100639p:plain

マクロやVBAでメッセージを表示するには、MsgBox(メッセージボックス)を使用する必要があります。その使い方について説明します。

 

【目次】

 

構文

以下の様に記述します。

=======================================================================

MsgBox[メッセージ]”,[アイコン+ボタン],”[タイトル]

=======================================================================

[説明]:
[メッセージ]には表示するメッセージ内容を記述します。また、[アイコン+ボタン]にはアイコンの種類とボタンの種類を記述します。それぞれの種類については数字で表す事ができるため、その数値の合計値を記述します。以下に一覧を纏めたので参考にして下さい。[タイトル]にはメッセージ画面のタイトル名を記述します。また、各項目間は「,」(カンマ)で区切り、[メッセージ]と[タイトル]については「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。([アイコン+ボタン]及び[タイトル]については、省略する事も可能です)

f:id:m_kbou:20200530060648p:plain

[記述例]:

MsgBox "おはようございます。", 64, "あいさつ"

 

使い方

以下で具体的な使い方について説明していきます。

サンプル①

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

---------------------------------------------------------------------

Sub メッセージ()

    MsgBox "おはようございます。", 64, "あいさつ"

End Sub

---------------------------------------------------------------------

各項目には以下内容を記述します。

[メッセージ]:”おはようございます。”
[アイコン+ボタン]:情報メッセージアイコンと「OK」ボタンを表示するため64+0=64
[タイトル]:”あいさつ”

[実行例]:

f:id:m_kbou:20190424103245p:plain

画面の各パーツ詳細は以下の通りとなります。 

f:id:m_kbou:20190513181558p:plain

サンプル②

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

---------------------------------------------------------------------

Sub メッセージ()

    MsgBox "おはようございます。", 273, "あいさつ"

End Sub

---------------------------------------------------------------------

各項目には以下内容を記述します。

[メッセージ]:”おはようございます。”
[アイコン+ボタン]:警告メッセージアイコンと「OK」「キャンセル」ボタンを表示させ、第2ボタンを標準ボタンとするため、16+1+256=273
[タイトル]:”あいさつ”

[実行例]:

f:id:m_kbou:20190424103703p:plain

サンプル③

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

---------------------------------------------------------------------

Sub メッセージ()

    MsgBox "おはようございます。", 563, "あいさつ"

End Sub

---------------------------------------------------------------------

各項目には以下内容を記述します。

[メッセージ]:”おはようございます。”
[アイコン+ボタン]:注意メッセージアイコンと「はい」「いいえ」「キャンセル」ボタンを表示させ、第3ボタンを標準ボタンとするため、48+3+512=563
[タイトル]:”あいさつ”

[実行例]:

f:id:m_kbou:20190424103725p:plain

 

おわりに

MsgBoxを有効に使う事で、ユーザの入力間違えによる警告や判断作業を簡素化させる事がスムーズにできます。是非有効に活用し、使い勝手の良いツールを作成して頂ければと思います。