教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA 外部アプリケーション連携】(Access)AccessDBの作り方を教えて!

     f:id:m_kbou:20210221171042p:plain

AccessMicrosoft Access)を使用したDBの作り方について以下で説明します。

 

【目次】

 

AccessDBの作り方

(1)Microsoft Accessのアイコンをクリックします。

※事前にMicrosoft Accessがインストールされている事を前提に説明します。

f:id:m_kbou:20210221171103p:plain

(2)Accessが立ち上がるので、「空のデータベース」アイコンをクリックします。

f:id:m_kbou:20210221171120p:plain

(3)空のデータベースの保存先を指定する画面が開くので、「データベースの保管場所を指定する」ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20210221171136p:plain

(4)新しいデータベース画面が開くので、①保存先と②データベース名を指定します。今回は例として保存先を「C:\テスト」とし、データベース名を「従業員.accdb」とします。最後に<OK>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20210221171149p:plain

(5)上記(3)でも説明した空のデータ保存先画面に戻り、画面中のファイル名が「従業員.accdb」、保存先が「C:\テスト」に変更されている事を確認します。最後に<作成>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20210221171204p:plain

(6)AccessDBが作成されると同時にDBの中身が開きます。ここまでがAccessDBの作り方の説明となりますが、最後にC:\テストに従業員.accdbが作成されている事を確認してみます。

f:id:m_kbou:20210221171216p:plain

(7)C:\テストを開きてみると従業員.accdbが作成されている事が確認できます。次回からはこのDBをダブルクリックする事で、DBの中身を修正する事ができます。

f:id:m_kbou:20210221171227p:plain

AccessDBの作り方についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はAccessDBの作り方について説明しました。ExcelVBAからAccessDBを呼び出して連携したシステムやツールを作成する事ができます。その連携前に事前にAccessDBを作成しておく必要がありますので、その作成方法について紹介しました。(※Accessは予めPCにインストールされている事が前提となりますので、必要に応じてインストールをお願いします。)