教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】イメージプロパティ内にある[Visible]の使い方を知りたいです。教えて!

f:id:m_kbou:20201207172507p:plain

フォームにイメージを追加した場合、VBE画面左下のイメージプロパティ内にある[Visible]の使い方について紹介します。

 

 

イメージプロパティ内にあるVisibleとは

以下のイメージプロパティ内の赤枠箇所が[Visible]となります。
[Visible]はイメージを表示するか/しないかを設定する事ができます。

f:id:m_kbou:20201207172536p:plain

Visibleに定義する設定値は、以下2パターンとなります。

定義 内容
True イメージの表示(既定値)
False イメージの非表示

 

Visibleを設定する方法

(1)イメージプロパティ内のVisibleをクリックすると▼ボタンが表示されます。

f:id:m_kbou:20201207172553p:plain

(2)▼ボタンをクリックするとプルダウンリストが表示されます。(※プルダウンリストには上記の設定値一覧が表示されます。)

f:id:m_kbou:20201207172649p:plain

イメージを表示する(True)

(3)今回はイメージを表示するため「True」を選択します。また、イメージが表示される事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20201207172704p:plain

(4)フォームが表示され、イメージが表示された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20201207172715p:plain

イメージを非表示にする(False)

(5)今回はイメージを非表示とするため「False」を選択します。また、イメージが非表示になった事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20201207172727p:plain

(6)フォームが表示されますが、イメージが表示されていない事を確認できます。

f:id:m_kbou:20201207172739p:plain

Visibleを設定する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はVisibleの設定方法について説明しました。状況に合わせて有効に活用してみて下さい。また、その他のイメージプロパティの使い方はこちらを参考にして下さい。