教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA プログラミング】(関数43)IsNull関数のプログラミング例を教えて!

       f:id:m_kbou:20201120084057p:plain

IsNull関数を使用したプログラミング例を紹介します。

 

【目次】

 

例題

例題は、<実行>ボタンをクリックした場合に値列に含まれる文字がNull値の場合は結果列に”●”、それ以外の場合は”×”を表示するプログラミング方法です。(※但し、通常セル内でNull値を扱う事ができないため、値列に”Null”の文字ががある場合はNull値に変換して判定します。)

[実行前]:

f:id:m_kbou:20201120084117p:plain

[実行後]:

f:id:m_kbou:20201120084127p:plain

 

プログラミング

プログラミングは以下の通りとなります。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。また、ボタンにプログラム内容を割り当てるには、VBAをボタンに割り当てるを参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()
   
    Dim 行 As Double
    Dim 値 As Variant
   
    For 行 = 2 To 6
        If (Range("A" & 行) = "Null") Then
            値 = Null
        Else
            値 = Range("A" & 行)
        End If
        If (IsNull(値) = True) Then
            Range("B" & 行) = "●"
        Else
            Range("B" & 行) = "×"
        End If
    Next
       
End Sub

-------------------------------------------------

内容を説明すると、

IsNull関数を使用して値列(A列)に含まれる文字がNull値の場合は結果列(B列)に”●”、それ以外の場合は”×”を表示して下さい。(※但し、通常セル内でNull値を扱う事ができないため、値列に”Null”の文字ががある場合はNull値に変換してから判定します。)

との意味になります。

 

ダウンロード

上記サンプルプログラムを使用したい場合は、こちらからダウンロードして下さい。

1drv.ms