教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

ExcelVBAでOption Explicitを使った変数を宣言する方法

構文

構文は以下の通りです。

Option Explicit

解説

Option Explicitは、VBAコード内で使用される変数を明示的に宣言するために使用されます。これを使用すると、コード内の変数を宣言する前に使用することができず、タイプミスなどのエラーを防ぐことができます。例えば、変数を使う前に必ず「Dim」という命令を使って、変数の名前を決めなければなりません。これによって、変数の名前を間違えて書いてしまうことを防ぎます。

プログラミング例

具体的なプログラミング例を紹介します。

Option Explicit

Sub 名前を表示()
    Dim 名前 As String
    名前 = "たろう"
    MsgBox 名前
End Sub

上記のプログラムでは、変数「名前」を使って、名前を表示するプログラムですが、最初に「Option Explicit」を書いています。これにより、仮に変数の名前が間違ったとして、間違った箇所をも明示してもえます。

まとめ

Option Explicitを使うことで、VBAプログラムで使う変数を必ず宣言するようにし、エラーを防ぐことができます。このように、プログラムを書くときには「Option Explicit」を使って、間違いを減らし、正しいプログラムを書くことを意識してください。