教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】リストボックスプロパティウィンドウ内にある[ColumnWidths]の使い方を知りたいです。教えて!

       f:id:m_kbou:20200714072533p:plain

フォームにリストボックスを追加した場合、VBE画面左下のリストボックスプロパティウィンドウ内に表示される[ColumnWidths]の使い方について説明します。

 

【目次】

 

リストボックスプロパティ内にあるColumnWidthsとは

以下のリストボックスプロパティウィンドウ内の赤枠箇所が[ColumnWidths]となります。ColumnWidthsはリストボックスに表示するプルダウンリストの各項目列幅を設定する事ができます。

f:id:m_kbou:20200714072551p:plain

 

ColumnWidthsを設定する方法

(1)最初にColumnWidthsが何も入力せれていない状態で一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200714072606p:plain

(2)フォームが表示され、各項目の列幅が標準幅でが表示されます。

f:id:m_kbou:20200714072621p:plain

(3)次に列幅を変更するためColumnWidthsに「2cm;1cm;1cm」を入力します。(複数列の幅を指定する場合は「;」(セミコロン)で区切ります)

f:id:m_kbou:20200714072702p:plain

(4)列幅が変更された事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後に上部にある<実行>ボタンをクリックします。(この時点ではcmで入力した列幅がptに変換されます)

f:id:m_kbou:20200714072732p:plain

(5)フォームが表示され、各項目の列幅が変更されて表示されます。

f:id:m_kbou:20200714072748p:plain

ColumnWidthsの設定方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はColumnWidthsの設定方法について説明しました。状況に合わせて列幅を変更し、操作しやすいコンボボックスを作成してみて下さい。