教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】コンボボックスプロパティウィンドウ内にある[TabIndex]の使い方を知りたいです。教えて!

       f:id:m_kbou:20200708091158p:plain

フォームにコンボボックスを追加した場合、VBE画面左下のコンボボックスプロパティウィンドウ内に表示される[TabIndex]の使い方について説明します。

 

【目次】

 

コンボボックスプロパティ内にあるTabIndexとは

以下のコンボボックスプロパティウィンドウ内の赤枠箇所が[TabIndex]となります。TabIndexはコンボボックスがフォーカスを得る順番を設定する事ができます。

f:id:m_kbou:20200708091235p:plain

 

TabIndexを設定する方法

設定方法について説明していきます。

(1)今回の例として、3つのコンボボックスについて上から順番にフォーカスを移動させる設定方法について説明していきます。

f:id:m_kbou:20200708091323p:plain

(2)まず最初に一番上のコンボボックスが最初のフォーカスを得るため、一番上のコンボボックスをクリックした後にTabIndexプロパティに「0」を入力します。(※値は0から順番に設定します)

f:id:m_kbou:20200708091338p:plain

(3)次に二番目のコンボボックスがフォーカスを得るため、二番目のコンボボックスをクリックした後にTabIndexプロパティに「1」を入力します。

f:id:m_kbou:20200708091401p:plain

(4)最後に三番目のコンボボックスがフォーカスを得るため、三番目のコンボボックスをクリックした後にTabIndexプロパティに「2」を入力します。

f:id:m_kbou:20200708091425p:plain

(5)コンボボックスが上から順番にフォーカスがスライドする事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200708091439p:plain

(6)フォームが表示され一番上のコンボボックスがフォーカス(一番上のコンボボックスにカーソル有り)を得ている事を確認できます。二番目のコンボボックスにフォーカスが移動する事を確認するため、<Enter>キー又は<Tab>キーを押下します。

f:id:m_kbou:20200708091458p:plain

(7)二番目のコンボボックスがフォーカス(二番目のコンボボックスにカーソル有り)を得ている事を確認できます。三番目のコンボボックスにフォーカスが移動する事を確認するため、<Enter>キー又は<Tab>キーを押下します。

f:id:m_kbou:20200708091515p:plain

(8)三番目のコンボボックスがフォーカス(三番目のコンボボックスにカーソル有り)を得ている事を確認できます。(※TabIndexプロパティに指定した数字の順番で各コンボボックスにフォーカスが移動しました)

f:id:m_kbou:20200708091530p:plain

TabIndexを設定する方法の説明は以上です。

 

おわりに

今回はTabIndexの設定方法について説明しました。フォーカスを得る順番を指定する事で、ユーザ操作を向上させる事ができます。是非有効に活用してみて下さい。また、TabIndexプロパティに指定した数字の順番にフォーカスを得るには、TabStopの値がTrueの場合のみ有効となります。こちらも予め理解しておいて下さい。