教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】コンボボックスプロパティウィンドウ内にある[RowSource]の使い方を知りたいです。教えて!

       f:id:m_kbou:20200706072007p:plain

フォームにコンボボックスを追加した場合、VBE画面左下のコンボボックスプロパティウィンドウ内に表示される[RowSource]の使い方について説明します。

 

【目次】

 

コンボボックスプロパティ内にあるRowSourceとは

以下のコンボボックスプロパティウィンドウ内の赤枠箇所が[RowSource]となります。RowSourceはコンボボックスのリストとしてリンクするセル範囲を設定する事ができます。

f:id:m_kbou:20200706072026p:plain

 

RowSourceを設定する方法

設定方法について説明していきます。

(1)RowSourceの既定値はスペース(何も指定されていない状態)となります。最初に、この状態で一度フォーム上でクリックをした後、上部の<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200706072042p:plain

(2)フォームが表示されるので、▼ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200706072056p:plain

(3)何のデータも含まれていないプルダウンリストが表示されます。

f:id:m_kbou:20200706072109p:plain

(4)次に、Sheet3シートのA2セル~A8セルに登録されている名前データをプルダウンリストに表示する方法について説明します。

f:id:m_kbou:20200706072208p:plain

(5)上記(4)のデータをプルダウンリストに表示する(Sheet3のA2セル~A8セルをリンクしてプルダウンリストとする)ため、RowSourceに「Sheet3!A2:A8」を入力します。また、プルダウンリストにデータが反映された事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部の<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200706072120p:plain

(6)フォームが表示されるので、▼ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200706072056p:plain

(7)プルダウンリストが表示され、Sheet3のA2セル~A8セルの名前データが反映された事がわかります。

f:id:m_kbou:20200706072135p:plain

RowSourceを設定する方法の説明は以上です。

 

おわりに

今回はRowSourceの設定方法について説明しました。状況に合わせて表示するデータ範囲を指定し、操作しやすいコンボボックスを作成して下さい。