教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】コンボボックスプロパティウィンドウ内にある[IMEMode]の使い方を知りたいです。教えて!

       f:id:m_kbou:20200703095148p:plain

フォームにコンボボックスを追加した場合、VBE画面左下のコンボボックスプロパティウィンドウ内に表示される[IMEMode]の使い方について説明します。

 

【目次】

 

コンボボックスプロパティ内にあるIMEModeとは

以下のコンボボックスプロパティウィンドウ内の赤枠箇所が[IMEMode]となります。IMEModeはコンボボックスに対し日本語入力システムの実行モードを設定する事ができます。

f:id:m_kbou:20200703095207p:plain

IMEModeに定義する設定値は以下一覧の通りとなります。

f:id:m_kbou:20200703095224p:plain

 

IMEModeを設定する方法

設定方法について説明していきます。

(1)コンボボックスプロパティウィンドウ内のIMEModeをクリックすると▼ボタンが表示されます。

f:id:m_kbou:20200703095240p:plain

(2)▼ボタンをクリックするとプルダウンリストが表示されます。(プルダウンリストには上記の設定値一覧が表示されます)

f:id:m_kbou:20200703095257p:plain

IMEモードを指定しない(fmIMEModeNoControl)

(3)今回はコンボボックスのIMEモードを指定しない(現在のIME状態をそのまま継続する)ため「0-fmIMEModeNoControl」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードが指定されていない事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095322p:plain

(4)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。現在のIMEモードが「ひらがな」になっているため、ひらがな文字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095337p:plain

IMEモードをオンにして日本語入力ができる状態にする(fmIMEModeOn)

(5)今回はコンボボックスのIMEモードをオンにして日本語入力ができる状態にするため「1-fmIMEModeOn」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードがオンになり日本語入力可であるかを確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095402p:plain

(6)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードがオンで日本語入力が可能になっているため、ひらがな文字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095427p:plain

IMEモードをオンにして英語入力ができる状態にする(fmIMEModeOff)

(7)今回はコンボボックスのIMEモードをオンにして英語入力ができる状態にするため「2-fmIMEModeOff」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードがオンになり英語入力可であるかを確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095519p:plain

(8)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードがオンで英語入力が可能になっているため、ローマ字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095541p:plain

IMEモードをオフの状態にする(fmIMEModeDisable)

(9)今回はコンボボックスのIMEモードをオフの状態(日本語入力ができない状態)にするため「3-fmIMEModeDisable」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードがオフになった事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095628p:plain

(10)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードがオフになっているため、ローマ字が入力された事を確認できます。(※IMEモードをオフに指定すると、ユーザーはキー操作によってIMEをオンにすることはできなくなります)

f:id:m_kbou:20200703095541p:plain

IMEモードを全角ひらがなでの入力状態にする(fmIMEModeHiragana)

(11)今回はコンボボックスのIMEモードを全角ひらがなでの入力状態にするため「4-fmIMEModeHiragana」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードが全角ひらがなで入力される事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095657p:plain

(12)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードが全角ひらがなでの入力状態になっているため、ひらがな文字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095427p:plain

IMEモードを全角カタカナでの入力状態にする(fmIMEModeKatakana)

(13)今回はコンボボックスのIMEモードを全角カタカナでの入力状態にするため「5-fmIMEModeKatakana」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードが全角カタカナで入力される事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095731p:plain

(14)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードが全角カタカナでの入力状態になっているため、全角カタカナ文字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095745p:plain

IMEモードを半角カタカナでの入力状態にする(fmIMEModeKatakanaHalf)

(15)今回はコンボボックスのIMEモードを半角カタカナでの入力状態にするため「6-fmIMEModeKatakanaHalf」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードが半角カタカナで入力される事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095805p:plain

(16)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードが半角カタカナでの入力状態になっているため、半角カタカナ文字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095824p:plain

IMEモードを全角英数での入力状態にする(fmIMEModeAlphaFull)

(17)今回はコンボボックスのIMEモードを全角英数字での入力状態にするため「7-fmIMEModeAlphaFull」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードが全角英数で入力される事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095838p:plain

(18)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードが全角英数での入力状態になっているため、全角英数文字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095856p:plain

IMEモードを半角英数での入力状態にする(fmIMEModeAlpha)

(19)今回はコンボボックスのIMEモードを半角英数字での入力状態にするため「8-fmIMEModeAlpha」を選択します。また、コンボボックスのIMEモードが半角英数で入力される事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200703095918p:plain

(20)フォームが表示されるのでコンボボックスに文字を入力します。IMEモードが半角英数での入力状態になっているため、半角英数文字が入力された事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200703095930p:plain

IMEModeを設定する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はIMEModeの設定方法について説明しました。IMEモードの指定は、ユーザの入力操作をスムーズに行わせるためには必須となります。是非有効に活用してみて下さい。