教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】コンボボックスプロパティウィンドウ内にある[AutoTab]の使い方を知りたいです。教えて!

       f:id:m_kbou:20200625093524p:plain

フォームにコンボボックスを追加した場合、VBE画面左下のコンボボックスプロパティウィンドウ内に表示される[AutoTab]の使い方について説明します。

 

【目次】

 

コンボボックスプロパティ内にあるAutoTabとは

以下のコンボボックスプロパティウィンドウ内の赤枠箇所が[AutoTab]となります。AutoTabはコンボボックスに入力できる最大文字数が入力されたときフォーカスを自動的に次のコントロールに移すか否かを設定する事ができます。

f:id:m_kbou:20200625093548p:plain

AutoTabに定義する設定値は以下一覧の通りとなります。

f:id:m_kbou:20200630122228p:plain

 

AutoTabを設定する方法

設定方法について説明していきます。

(1)コンボボックスプロパティウィンドウ内のAutoTabをクリックすると▼ボタンが表示されます。

f:id:m_kbou:20200625093607p:plain

(2)▼ボタンをクリックするとプルダウンリストが表示されます。(プルダウンリストには上記の設定値一覧が表示されます)

f:id:m_kbou:20200625093624p:plain

自動で次のフォーカスに移動させない方法(False)

(3)今回はフォーカスを自動で移動させないため「False」を選択します。また、フォーカスが自動で移動しない事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200625093706p:plain

(4)フォームが表示されるので、最初のコンボボックスに例として文字「aaaaa」を入力すると、自動では次のコンボボックスにフォーカスが移動しない事を確認できます。(※今回はボックスに入力できる最大文字数を5に設定しました)

f:id:m_kbou:20200625093720p:plain

自動で次のフォーカスに移動させる方法(True)

(5)今回はフォーカスを自動で移動させるため「True」を選択します。また、フォーカスが自動で移動する事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200625093640p:plain

(6)フォームが表示されるので、最初のコンボボックスに例として文字「aaaaa」を入力すると、自動で次のコンボボックスにフォーカスが移動する事を確認できます。(※今回はコンボボックスに入力できる最大文字数を5に設定しました)

f:id:m_kbou:20200625093653p:plain

AutoTabを設定する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はAutoTabの設定方法について説明しました。最大文字数の指定はMaxLengthで指定する必要があります。よって、AutoTabを使用する場合はMaxLengthと一体で指定する必要があります。予め覚えておいて下さい。