教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】テキストボックスプロパティ内にある[WordWrap]の使い方を知りたいです。教えて!

f:id:m_kbou:20200622194046p:plain

フォームにテキストボックスを追加した場合、VBE画面左下のテキストボックスプロパティ内にある[WordWrap]の使い方について紹介します。

 

 

テキストボックスプロパティ内にあるWordWrapとは

以下のテキストボックスプロパティ内の赤枠箇所が[WordWrap]となります。
[WordWrap]はテキストボックスに入力された文字列の長さがテキストボックスの幅を超えた場合に折り返しする/しないの設定ができます。

f:id:m_kbou:20200622194104p:plain

WordWrapに定義する設定値は、以下2パターンとなります。

定義 内容
True 文字列を折り返します。(既定値)
False 文字列を折り返しません。

 

WordWrapを設定する方法

(1)テキストボックスプロパティ内のWordWrapをクリックすると▼ボタンが表示されます。

f:id:m_kbou:20200622194131p:plain

(2)▼ボタンをクリックするとプルダウンリストが表示されます。(※プルダウンリストには上記の設定値一覧が表示されます。)

f:id:m_kbou:20200622194253p:plain

折り返しをする(True)

(3)今回はテキストボックスに入力された文字列の長さがテキストボックスの幅を超えた場合に折り返しをするため「True」を選択します。また、テキストボックスに入力された文字列の長さがテキストボックスの幅を超えた場合に折り返しをする事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200622194358p:plain

(4)フォームが表示されるのでテキストボックスに文字を入力すると、入力した文字列がテキストボックス内で折り返し表示される事が確認できます。

f:id:m_kbou:20200622194411p:plain

折り返しをしない(False)

(5)今回はテキストボックスに入力された文字列の長さがテキストボックスの幅を超えた場合に折り返しをしないため「False」を選択します。また、テキストボックスに入力された文字列の長さがテキストボックスの幅を超えた場合に折り返しされない事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200622194422p:plain

(6)フォームが表示されるのでテキストボックスに文字を入力すると、入力した文字列がテキストボックス内で折り返されないで表示される事が確認できます。

f:id:m_kbou:20200622194436p:plain

WordWrapを設定する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はWordWrapの設定方法について説明しました。状況に合わせて有効に活用してみて下さい。また、WordWrapの設定はMultiLineがTrueに設定されている場合のみ有効となります。こちらも予め理解しておいて下さい。また、その他のテキストボックスプロパティの使い方はこちらを参考にして下さい。