教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】ラベルプロパティウィンドウ内にある[Enabled]の使い方を知りたいです。教えて!

       f:id:m_kbou:20200602073223p:plain

フォームにラベルを追加した場合、VBE画面左下のラベルプロパティウィンドウ内に表示される[Enabled]の使い方について説明します。

 

【目次】

 

ラベルプロパティ内にあるEnabledとは

以下のラベルプロパティウィンドウ内の赤枠箇所が[Enabled]となります。Enabledはラベルの操作を有効・無効に設定する事ができます。

f:id:m_kbou:20200629112403p:plain

Enabledに定義する設定値は以下一覧の通りとなります。

f:id:m_kbou:20200630133920p:plain

 

Enabledを設定する方法

設定方法について説明していきます。

(1)ラベルプロパティウィンドウ内のEnabledをクリックすると▼ボタンが表示されます。

f:id:m_kbou:20200602073742p:plain

(2)▼ボタンをクリックするとプルダウンリストが表示されます。(プルダウンリストには上記の設定値一覧が表示されます)

f:id:m_kbou:20200602073804p:plain

ラベルの操作を有効(操作可能)にする方法(True)

(3)今回はラベルの操作を有効とするため「True」を選択します。また、ラベルの操作が有効になった事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200602074037p:plain

(4)フォームが表示され、ラベルが操作可能になっている事が確認できます。

f:id:m_kbou:20200602074059p:plain

ラベルの操作を無効(操作不可)にする方法(False)

(5)今回はラベルの操作を無効とするため「False」を選択します。また、ラベルの操作が無効になった事を確認するため、一度フォーム上でクリックをした後、上部にある<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200602073843p:plain

(6)フォームが表示されますが、ラベルが操作不可になっている事が確認できます。

f:id:m_kbou:20200602073906p:plain

Enabledを設定する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はEnabledの設定方法について説明しました。状況に合わせて有効に活用してみて下さい。