教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA ブック操作】ブック内のシートが右クリックされた時に発生するイベントプロシージャを作成するにはどうすればいいの?教えて!

       f:id:m_kbou:20200515084958p:plain

ブック内のシートが右クリックされた時に発生するイベントプロシージャの使用方法について説明します。

 

【目次】

 

構文

イベントプロシージャの記述方法は以下の通りです。

=======================================================================

Private Sub Workbook_SheetBeforeRightClick(ByVal Sh As Object, ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)

   [実行する処理内容]

End Sub

=======================================================================

[説明]:

ブック内のシートを右クリックした時に発生するイベントプロシージャにはSheetBeforeRightClickプロシージャを使用します。[実行する処理内容]にはブック内のシートを右クリックした際に実行させる内容を記述します。内容を纏めると、「ブック内のシートを右クリックした時に[実行する処理組内容]を実行して下さい。」との意味になります。

[記述例]:

Private Sub Workbook_SheetBeforeRightClick(ByVal Sh As Object, ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
  MsgBox "シートが右クリックされました。"
End Sub

 

作り方

(1)VBE(VBA記述画面)を開きます

※画面の開き方は、こちらの手順を参考にして下さい。

【ExcelVBA 基本操作】マクロ/VBAを書く(記述する)ためにはどうすればいいの?教えて! - 教えて!ExcelVBA!

f:id:m_kbou:20200515084943p:plain

(2)ブックオブジェクトをダブルクリックします。

f:id:m_kbou:20200515085021p:plain

(3)オブジェクトボックスの▼ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200515085036p:plain

(4)プルダウン一覧の中から「WorkBook」を選択します。

f:id:m_kbou:20200515085050p:plain

※この時点で「Workbook_Open」イベントプロシージャが表示されます。(これは自動的に作成される仕組みとなっているようです)

f:id:m_kbou:20200506112910p:plain

(5)プロシージャボックスの▼ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200515085137p:plain

(6)プルダウン一覧の中から「SheetBeforeRightClick」を選択します。

f:id:m_kbou:20200515085149p:plain

(7)「Workbook_SheetBeforeRightClick」イベントプロシージャが表示されます。

f:id:m_kbou:20200515085221p:plain

(8)(7)で作成したイベントプロシージャに実行させる内容を記述します。今回は実行された際に「シートが右クリックされました。」がMsgBoxで表示される内容を記述しました。

f:id:m_kbou:20200515085303p:plain

ブック内のシートが右クリックされた時に発生するイベントプロシージャの作成方法についての説明は以上です。

 

実行例

今回の例としては、Book1ブックには上記で説明したイベントプロシージャが記述されています。

(実行前)

※Book1ブック内のシート上で右クリックします。

f:id:m_kbou:20200515085402p:plain

(実行後) 

※右クリックされると同時に「シートが右クリックされました。」が表示されます。(Book1ブック内のシートが右クリックされた事で、プロシージャが実行されてメッセージが表示されました)

f:id:m_kbou:20200515085415p:plain

 

おわりに

今回はブック内のシートを右クリックした時に発生するイベントプロシージャの作成方法について説明しました。オブジェクトボックスでオブジェクトを選択すると、そのオブジェクト既定の「Workbook_Open」イントプロシージャが自動的に作成されます。不要な場合は削除して下さい。