教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA 外部アプリケーション連携】(Access連携)Accessテーブル(レコード)に接続する及び切断するにはどうすればいいの?教えて!

       f:id:m_kbou:20200512090631p:plain

ExcelVBAよりAccessデータベースに含まれるテーブルデータを操作するには、Accessデータベース接続後にテーブルに接続する必要があります。また、接続にてデータ操作が完了した後は、Accessデータベースとテーブルの切断作業も必要となります。今回はその接続と切断する方法について説明します。

 

【目次】

 

構文

記述方法は、以下の通りとなります。

(1)接続方法

=======================================================================

Set[参照テーブル]=[参照データベース].OpenRecordsetSQLのSELECT文によるテーブルデータ抽出方法]

=======================================================================

[説明]:

Accessテーブルとの接続には「Set[参照テーブル]=[参照データベース].OpenRecordset(”SQLのSELECT文によるテーブルデータ抽出方法]”)」と記述します。SQLのSELECT文によるテーブルデータ抽出方法]にはデータを抽出するテーブルとどの様な方法でデータを抽出するかについてをSQL文で記述します。SQLのSELECT文によるテーブルデータ抽出方法]は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。また[参照データベース]には予め開いてあるAccessデータベースの参照変数を指定します。更に、OpenRecordsetSetを用いて[参照テーブル]にテーブルより抽出した参照データを代入します。内容を纏めると、「[SQLのSELECT文によるテーブルデータ抽出方法]に記述されているテーブルより指定方法で抽出した参照データを[参照テーブル]にセットして下さい。」との意味になります。

[記述例]:

Set r = db.OpenRecordset("select * from T_従業員")

(2)切断方法

=======================================================================

[参照テーブル].Close
Set[参照テーブル]= Nothing

=======================================================================

[説明]:

接続されたAccessテーブルと切断するには「[参照テーブル].Close」及び「Set[参照テーブル]= Nothing」と記述します。[参照テーブル]には上記の(1)接続方法で説明した変数名をそのまま使用します。内容を纏めると、「[参照テーブル]にセットされている参照テーブルを切断して下さい。」との意味になります。(※テーブルへ接続をした場合は、必ず切断処理が必要となります。よって、接続と切断は一連の処理と理解して下さい。)

[記述例]:

r.Close
Set r = Nothing

 

使い方

使い方について、具体的に説明していきます。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。また、Accessデータベースとの接続には事前設定が必要となります。事前準備はAccessとの連携をするための事前準備を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()
    '↓処理①
    Dim db As Database
    Dim r As Recordset
    '↓処理②
    Set db = OpenDatabase("C:\テスト\従業員.accdb")
    '↓処理③
    Set r = db.OpenRecordset("select * from T_従業員")
    '↓処理④
    MsgBox "テーブルに接続しました。"
    '↓処理⑤
    r.Close
    Set r = Nothing
    '↓処理⑥
    db.Close
    Set db = Nothing
End Sub

-------------------------------------------------

処理の流れは以下の通りとなります。

[処理①]:変数の定義
Dimによる変数の定義となります。

[処理②]:データベースへの接続
データベースをOPENし[処理①]で定義した変数:dbにデータベースの参照を代入します。(データベースへの接続については、Accessデータベースへの接続及び切断方法を参考にして下さい。)

[処理③]:テーブルへの接続
テーブルをOPENし[処理①]で定義した変数:rに抽出した参照データを代入します。

[処理④]:メッセージ
[処理③]のテーブル接続が正常に終了した場合、”テーブルに接続しました。”をMsgBoxで値を表示します。

[処理⑤]:テーブルの切断
テーブルの切断を行います。

[処理⑥]:データベースの切断
最後にデータベースの切断を行います。(データベースの切断については、Accessデータベースへの接続及び切断方法を参考にして下さい。)

[実行例]:

(実行前)

C:\テストにAccessデータベース(従業員.accdb)が登録されています。

f:id:m_kbou:20200512090657p:plain

※従業員.accdbデータベースの中には、T_従業員テーブルが登録されています。

f:id:m_kbou:20200512090713p:plain

(実行後)

※テーブルに接続できたため、”テーブルに接続しました。”のメッセージが表示されます。

f:id:m_kbou:20200512090727p:plain

※従業員.accdbにT_従業員テーブルが登録されていない場合は、以下の様な警告メッセージが表示され、接続ができなかった事を確認できます。

f:id:m_kbou:20200512090742p:plain

Accessテーブルに接続する及び切断する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はAccessテーブルに接続する及び切断する方法について説明しました。Accessテーブルへ接続する場合には、上記でも説明しましたが、Accessデータベースに接続後にAccessテーブルへの接続する一連の流れが必須となります。是非覚えておいて下さい。