教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】イメージプロパティ内にある[オブジェクト名]の使い方を知りたいです。教えて!

f:id:m_kbou:20200524192147p:plain

フォームにイメージを追加した場合、VBE画面左下のイメージプロパティ内にある[オブジェクト名]の使い方について紹介します。

 

 

イメージプロパティ内にあるオブジェクト名とは

以下の赤枠箇所がイメージプロパティ内の[オブジェクト名]となります。オブジェクト名はイメージに名前を付ける事(名前を変更する事)ができます。既定値は「Image1」となり、イメージを作成する毎に「Image2」「Image3」と自動で名前が付きます。このオブジェクト名は変更する事ができますが、変更には幾つかの規則がありますので、その規則について紹介しておきます。

①英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダーバー)が使用できます。
 ※但し、先頭に数字を使用することはできません。
②既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できません。
③スペースや記号は使用できません。
 (例):「.」「!」「@」「&」「$」「#」等

f:id:m_kbou:20210118073156p:plain

 

オブジェクト名を設定(イメージ名の変更)する方法

(1)イメージプロパティ内のオブジェクト名をクリックし、カーソルを反転させます。

f:id:m_kbou:20210118073213p:plain

(2)現在表示されているオブジェクト名:Image1を消します。

f:id:m_kbou:20210118073234p:plain

(3)今回の例ではオブジェクト名を「イメージ」に変更するため、”イメージ”を入力しました。(※この時点でオブジェクト名が”Image1”→”イメージ”に変更されました。)

f:id:m_kbou:20210118073248p:plain

オブジェクト名を変更する方法(イメージ名の変更)の説明は以上です。

 

おわりに

今回はオブジェクト名の使い方について説明しました。状況に合わせて有効に活用してみて下さい