教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA フォーム&コントロール】フォームプロパティウィンドウ内にある[Height]の使い方を知りたいです。教えて!

       f:id:m_kbou:20200419162642p:plain

フォームを新規で作成した場合や作成済みフォームを呼び出した場合に、VBE画面左下プロパティウィンドウ内に表示される[Height]の使い方について説明します。

 

【目次】

 

フォームプロパティ内にあるHeightとは

以下フォームプロパティウィンドウ内の赤枠箇所が[Height]となります。Heightは作成したフォームの高さをポイント単位で指定する事ができます。

f:id:m_kbou:20200510001431p:plain

 

Heightを設定する方法

設定方法について説明していきます。

(1)フォームプロパティウィンドウ内のHeightをクリックしてカーソルを反転させます。

f:id:m_kbou:20200416162449p:plain

(2)入力されている数値をクリアします。

f:id:m_kbou:20200416162537p:plain

(3)今回は例として数値の500を入力し、一度フォーム上でクリックした後、上部の<実行>ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20200416163546p:plain

(4)高さが変更されたフォームが表示されます。

f:id:m_kbou:20200416163717p:plain

Heightを設定する方法の説明は以上です。

 

おわりに

今回はHeightの設定方法について説明しました。上記でも説明した様に、画面の高さを自由に変更する事はできますが、あまりにも大きな数値を入力すると見ずらい画面を作成してしまう事になります。フォーム画面が使用のディスプレイ内に収まるよう、使用しやすい画面を作成する事を心掛けて下さい。