教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA セル操作】罫線の太さを変更するにはどうすればいいの?教えて!

       f:id:m_kbou:20200225120218p:plain

今回は罫線の太さを変更する方法について説明します。

 

【目次】

 

構文

記述方法は、以下の通りとなります。

(1)極細な罫線(実線)を引く

=======================================================================

Range(”[セル範囲]).Borders.Weight = xlHairline

=======================================================================

[説明]:

[セル範囲]には罫線を引きたいセル範囲を指定します。[セル範囲]は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。Borders」は上下左右のとの意味になります。「Weight = xlHairline」は極細な実線を引くとの意味になります。内容を纏めると、「指定した[セル範囲]の上下左右に極細な実線を引いて下さい。」との意味になります。

[記述例]:

Range("B2:C5").Borders.Weight = xlHairline

 

(2)細い罫線(実線)を引く

=======================================================================

Range(”[セル範囲]).Borders.Weight = xlThin

=======================================================================

[説明]:

[セル範囲]には罫線を引きたいセル範囲を指定します。[セル範囲]は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。Borders」は上下左右のとの意味になります。「Weight = xlThin」は細い実線を引くとの意味になります。内容を纏めると、「指定した[セル範囲]の上下左右に細い実線を引いて下さい。」との意味になります。

[記述例]:

Range("B2:C5").Borders.Weight = xlThin

 

(3)中太の罫線(実線)を引く

=======================================================================

Range(”[セル範囲]).Borders.Weight = xlMedium

=======================================================================

[説明]:

[セル範囲]には罫線を引きたいセル範囲を指定します。[セル範囲]は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。Borders」は上下左右のとの意味になります。「Weight = xlMedium」は中太の罫線を引くとの意味になります。内容を纏めると、「指定した[セル範囲]の上下左右に中太の実線を引いて下さい。」との意味になります。

[記述例]:

Range("B2:C5").Borders.Weight = xlMedium

 

(4)極太の罫線(実線)を引く

=======================================================================

Range(”[セル範囲]).Borders.Weight = xlThick

=======================================================================

[説明]:

[セル範囲]には罫線を引きたいセル範囲を指定します。[セル範囲]は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。Borders」は上下左右のとの意味になります。「Weight = xlThick」は極太の実線を引くとの意味になります。内容を纏めると、「指定した[セル範囲]の上下左右に極太の実線を引いて下さい。」との意味になります。

[記述例]:

Range("B2:C5").Borders.Weight = xlThick

 

使い方

使い方について、具体的に説明していきます。

極細な罫線(実践)を引く

指定したセル範囲の上下左右に極細な実線を引く方法について説明します。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()

    Range("B2:C5").Borders.Weight = xlHairline

End Sub

-------------------------------------------------

内容は、「B2セル~C5セルの範囲で、上下左右に極細な実線を引いて下さい。」との意味になります。

[実行例]:

f:id:m_kbou:20200225120237p:plain 

指定したセル範囲の上下左右に極細な実線を引く方法についての説明は以上です。

 

細い罫線(実践)を引く

指定したセル範囲の上下左右に細い実線を引く方法について説明します。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()

    Range("B2:C5").Borders.Weight = xlThin

End Sub

-------------------------------------------------

内容は、「B2セル~C5セルの範囲で、上下左右に細い実線を引いて下さい。」との意味になります。

[実行例]:

f:id:m_kbou:20200225120251p:plain

指定したセル範囲の上下左右に細い実線を引く方法についての説明は以上です。

 

中太の罫線(実践)を引く

指定したセル範囲の上下左右に中太の実線を引く方法について説明します。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()

    Range("B2:C5").Borders.Weight = xlMedium

End Sub

-------------------------------------------------

内容は、「B2セル~C5セルの範囲で、上下左右に中太の実線を引いて下さい。」との意味になります。

[実行例]:

f:id:m_kbou:20200225120306p:plain

指定したセル範囲の上下左右に中太の実線を引く方法についての説明は以上です。

 

極太の罫線(実践)を引く

指定したセル範囲の上下左右に太い実線を引く方法について説明します。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()

    Range("B2:C5").Borders.Weight = xlThick

End Sub

-------------------------------------------------

内容は、「B2セル~C5セルの範囲で、上下左右に極太の実線を引いて下さい。」との意味になります。

[実行例]:

f:id:m_kbou:20200225120319p:plain

指定したセル範囲の上下左右に極太の実線を引く方法についての説明は以上です。

 

おわりに

状況に合わせて線の太さを使い分ければ、より見やすい表が作成できます。是非有効に活用してみて下さい。また、類似の内容として罫線のスタイルを変更する方法もあります。こちらも参考にして下さい。