教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

【ExcelVBA ツール】荷札の作成・印刷を目的としたツールを紹介します。(荷札作成ツール)

f:id:m_kbou:20200421200123p:plain

荷札の作成ができる「荷札作成ツール」を紹介します。使い方は、バーコードが付いた帳票をリーダで読み取り(以下②)、DBに登録してある荷札作成データより対象データを抽出し(以下①)、抽出されたデータを予め用意してあるExcel様式にセットして荷札形式で出力(以下③)すると言う内容です。下部のダウンロード箇所よりお試しダウンロードもできますので、自由に使用してみて下さい。

f:id:m_kbou:20190320114611p:plain

 

製作環境

・Excel2016(画面)
・Access2016(DB)

※Office2016以降のバージョンであれば動作します。

 

PC環境

ツールを使用するにあたり、前提条件としてPCにキーボードインライン(USB有線バーコードリーダ)が繋がっている環境が必要となります。(以下イメージ図)

f:id:m_kbou:20190320120320p:plain

 

ダウンロード

以下で説明するファイルをダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。

ダウンロードするファイルは以下の①②③④となります。③については事前準備作業で使用します。ツールを使用するには、この4つのファイルを同じディレクトリに登録しないと動きません。予め注意して下さい。(例:C:\荷札作成にファイルを登録して使用する場合、全ファイル共にこのディレクトリに登録されていないと動きません)
①荷札作成ツール.xlsm ・・・・・・・本体ファイルです。       
②data.accdb ・・・・・・・・・・・データベースファイルです。
③BarCode39.ttf ・・・・・・・・・・バーコードフォントファイルです。
④荷札作成コード.xlsx ・・・・・・・荷札発行用バーコードファイルです。   

drive.google.com

 

事前準備

ツールを使用するにあたり、PCにバーコードフォント(BarCode39.ttf)がインストールされている必要があります。バーコードフォント(BarCode39.ttf)をダウンロードファイルとして用意したので、そちらをインストールして下さい。インストール方法は、BarCode39.ttfを右クリックし、[インストール]の項目を選択してもらえればインストールされます。

f:id:m_kbou:20200519141015p:plain

 

使い方

このツールの具体的な使い方について説明します。

(1)ツールを起動すると、バーコード読取画面が表示されます。

f:id:m_kbou:20190320115310p:plain

 (2)荷札作成コードをリーダで読み取ります。

※荷札作成コードは、ダウンロードするファイル中にある「荷札作成コード.xlsx」事前に印刷して使用します。印刷前には上記でも説明した事前準備作業が必要となります。予め実施しておいて下さい。

f:id:m_kbou:20190320114812p:plain

(3)荷札が出力されます。

f:id:m_kbou:20190320114838p:plain

荷札の作成・印刷を目的としたツールの説明は以上です。

 

おわりに

上記内容についての質問があれば、問い合わせフォームより気軽に問い合わせ下さい。