教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA ツール】Excelデータのマッチングを目的としたツールを紹介します。(マッチングツール)

       f:id:m_kbou:20191206073524p:plain

データの突合せ/照合する「マッチングツール」を紹介します。

 

【目次】

 

製作環境

・Excel2016

 

使い方

使い方について説明します。

(1)画面を開き、「マスタ」シートを選択します。

f:id:m_kbou:20190327200011p:plain

(2)A列にマッチングさせるキー項目を入力又はコピー貼り付けします。

f:id:m_kbou:20190327200033p:plain

(3)次に「トラン」シートを選択します。

f:id:m_kbou:20190327200054p:plain

 (4)A列にマッチングさせるキー項目を入力又はコピー貼り付けし、B列に任意のフラグ(今回は●)を入力します。
※A列のキー項目は、先程の②キー項目とマッチングさせるキーを入力します。

f:id:m_kbou:20190327200115p:plain

(5)次に「実行」シートを選択します。

f:id:m_kbou:20190327200138p:plain

(6)次に『実行』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190327200158p:plain

(7)”処理を実行してもよろしいですか?”のメッセージが表示されるので、『はい』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190327200219p:plain

(8)”処理が終了しました。”のメッセージが表示されるので、『OK』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190327200243p:plain

(9)マスタ及びトランの両シートキー項目がマッチングした場合、トランシートB列に入力したフラグをマスタシートB列にセットします。これにより、マスタシートのB列にフラグがセットされたデータがマッチングしたデータとなります。

f:id:m_kbou:20190327200333p:plain

Excelデータを突合せするマッチングツールの説明は以上です。

 

ダウンロード

1drv.ms

 

おわりに

上記内容についての質問があれば、問い合わせフォームより気軽に問い合わせ下さい。