教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について説明していきます。

【ExcelVBA ブック操作】Excelを終了させる(Quit)にはどうすればいいの?教えて!

       f:id:m_kbou:20200418131637p:plain

開かれているブックを全て閉じてExcelを終了させる方法について説明します。終了させる時には、Excelブックが変更がされている場合、ブックを保存するか否かを確認するメッセージが表示されます。

 

【目次】

 

構文

記述方法は、以下の通りとなります。

=======================================================================

Application.Quit

=======================================================================

[説明]:

ブックを全て閉じてExcelを終了させるには「Application.Quit」と記述します。内容を纏めると、「Excelで開かれているブックを全て閉じてExcelを終了します。」との意味になります。

 

使い方

使い方について、具体的に説明していきます。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()
    Application.Quit
End Sub

-------------------------------------------------

内容は、「開かれている全てのブックを閉じてExcelを終了して下さい。」との意味になります。

[実行例]:

(実行前)

※A1セルに”テスト”の文字を入力後、上記サンプルプログラムを実行します。

f:id:m_kbou:20190722075728p:plain

(実行後)

※保存するか否かの確認メッセージが表示されるので、いずれかのボタンをクリックしてブックを閉じて下さい。

f:id:m_kbou:20190722075739p:plain

Excelを終了させる方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回はExcelを終了させる方法について説明しました。上記で説明した通り、Excelブックに変更がされている状態で処理を実行すると、保存要否の確認用メッセージが表示されますが、DisplayAlertsプロパティをFalseに指定し、SavedプロパティをTrue又はFalseに設定すると、確認メッセージを非表示にする事ができます。