教えて!ExcelVBA!

ExcelVBAの基礎知識・書き方について紹介します。

ExcelVBAでウィンドウの高さと幅を指定する方法

構文

構文は以下の通りです。

ウィンドウオブジェクト.Height = 数値
ウィンドウオブジェクト.Width = 数値

(1)Heightの解説

Heightは、Excelウィンドウの高さを取得または設定するために使用されます。たとえば、ウィンドウの高さを500ピクセルに設定したい場合は、ウィンドウオブジェクト.Height = 500と書きます。

(2)Widthの解説

Widthプロパティは、Excelウィンドウの幅を取得または設定するために使用されます。たとえば、ウィンドウの幅を800ピクセルに設定したい場合は、ウィンドウオブジェクト.Width = 800と書きます。

プログラミング例

具体的なプログラミング例を紹介します。

Sub ウィンドウサイズ変更()
    Dim ウィンドウ As Window
    Set ウィンドウ = ActiveWindow
    ' 高さを600ピクセルに設定
    ウィンドウ.Height = 600
    ' 幅を800ピクセルに設定
    ウィンドウ.Width = 800
End Sub

上記のプログラムは、現在アクティブなExcelウィンドウの高さを600ピクセル、幅を800ピクセルに設定します。プログラムを実行すると、ウィンドウのサイズが変わることが確認できます。

サンプルプログラム

以下サイトからサンプルをダウンロードできます。

drive.google.com

まとめ

ウィンドウの高さ(Height)と幅(Width)を設定する方法について学びました。覚えておくとウィンドウの見た目を自由にカスタマイズできるので、非常に便利です。